2006年12月13日

うちの神

goku.JPG
今日は私の宝物を紹介。



こちらの写真はうちの神である。
それはこの古ぼけた、
いわずと知れたドラゴンボールの主人公
孫悟空の
ハッカパイポ(屋台とかであるやつ)の
上の部分についた人形である。
私のドラゴンボール好きは意外に有名であるが、
なぜ好きになったか、という動機は明白である。

それは、私が3歳の頃。
生まれたばかりの弟はアトピー持ちであった。
そこで、母とばあちゃん、私、弟の4人で、
弟のアトピーの療養のために、
山奥にある恐らくアトピーに効くと有名な温泉に3ヶ月ほどこもったのだ。
その時に母は私がきっと何もないところで暇だろうと、
何を思ったか絵本などではなく、駅で当時発売されていた
ドラゴンボールの1巻〜3巻を購入してくれた。
なぜドラゴンボールだったかというと
母が私と一緒にアニメを見ていたらしい。

当時の私は漫画など読めるわけはない。

どうしたかというと、
母がドラゴンボールの漫画を読み聞かせてくれた。

しかも、

全ての役の声色を変えて。

私は母が声色を変えることが好きだったらしく、
3ヶ月間
ひたすら
毎日毎日「読んでー!」とせがんだそうだ。

そんなわけで私は幼き頃からドラゴンボールの大ファンになった。


幼稚園に入ると、
父がジャンプを読んでいたのでつられて私もジャンプの愛読者に。
(今でも毎週欠かさず読んでいる)

私のドラゴンボール好きは加速する日々。

小学校に入ったばかりのころ。
お祭りでこの悟空の人形と出会う。

心が奪われた。

多分人生で初めての
「これだ」
って感じ。

お祭りで私が好きに使っていいお金は500円。
そしてハッカパイポも500円。

私は迷わず500円をハッカパイポに使う。

嬉しさのあまり、毎日この人形と寝食を共にする。
そんな彼の名前は

「ごくうくん」

である。
なんのひねりもない。

思春期になってもこのごくうくんが私の一番の宝物であった。
大事なサッカーの試合では彼に祈り、
たまにお話をする。
うん。
文章にすると
かなり危ない。


今でもこのごくうくんは私の部屋のテレビの上に君臨する。
定期的に磨いたりする。

きっと火事んなったらこいつはまず初めにポッケに入れるだろう。


まぁ、でもそれくらい大事ってこと!
ドラゴンボールは私のその後の人格形成の基盤となる。
でもそれはまた別の機会にでも・・・




つうかよくよく思うと、
ドラゴンボールの1巻〜3巻でかなり危うい。
亀仙人によるセクハラ的発言。
悟空によるパンパン等。
これらをうちの母は朗読してたとは・・・
うーん


posted by コロ at 23:55| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぉお!
これは、キット八坂とみた。

ちなみに私はドラゴンボールとは何の縁もなく今まで過ごしてきて、
天下一舞踏会って単語を25になって知ったよ。
Posted by しーちきん at 2006年12月14日 22:09
天下一舞踏会(笑)
かなりそれ、観たいね。
私舞踏好きなの。
ちなみに!
ドラゴンボールのは
「天下一舞踏会」
ではなく、
「天下一武道会」
だよ(笑)

そして!これを買ったのは、八坂ではなく、
初市です!!
Posted by コロ at 2006年12月15日 04:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。