2006年12月14日

あなたの背中が物語るそれは・・・?

たまに
前に歩いている人の真似をして歩く遊びをしている。

歩く足の運び方
体の傾け方
ペース
リズム
頭の角度・・・等々

完全にその人をコピーして、
その人が考えてることや、
その人自身の状況を読むのである。

答えは、ない。
でも想像するのが楽しい。

あ、この人絶対トイレ行きたい
とか
リストラされて路頭に迷ってんのかな
とか
この人好きな人との待ち合わせだわ
とか

いろんなパターンの歩き方がある。
大体の人が意外に簡単にコピー出来るのだが、
ごくたまに奇怪な人もいる。

足は2本。
当然だが普通は右と左交互に出して歩く。
すると意図としていない限り、
大抵右、左、右、左、と、
ある一定のリズムを刻んで歩くものである。

しかし、私がこの間出会ったその人は違っていた。

身なりはごく一般的。
特に身体に障害があるようにも見えない。
体型も中肉中背で、至って変わったところはない、
その歩き方を除いては。

いつものようにコピーをしようとした私。
しかし、いつまで経ってもその人をコピーできない。
少し歩くとどうしても私とその人とのテンポが違ってしまうのだ。
なぜだろう、と一度コピーを中断し、その人の歩き方を研究してみた。
すると、意外な事が。

その人の歩き方はテンポが一定ではないのだ。
普通テクテクテクテクと同じリズムを刻むのに対し、

テークテクッテテテクテクテクテクテーテク

みたいな。
文字では表しきれないが、本当に微妙〜にテンポが違う。
だから真似する側が気持ちよく歩けない。

きっとその人はものすごくひねくれものか、
ものすごく音痴か、はたまた私の尾行に気がついていて真似させないぞ、
と、難題を私に課してきたのだろう、と予測する。

いろんな人がいる。

歩くことから見えてくる価値観、人生。
めくるめく想像との出会いを楽しみたい方は是非。


posted by コロ at 23:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | やきもき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。